守口市で子宝相談・不妊症・健康相談のことならお任せください。

〒570-0034 大阪府守口市西郷通1-16-4
TEL.06-6993-3796
(営業時間)10:00〜18:00(定休日)日曜日・祝日

緑内障・糖尿病性網膜症・加齢黄斑変性症

緑内障・糖尿病性網膜症・加齢黄斑変性症

目の病気  気にしていますか

 

加齢性黄斑変性症

 加齢性黄斑変性症には大きく分けると「萎縮性」と「滲出型」の2種類があります。

 萎縮型は網膜色素上皮が徐々に萎縮して網膜が障害され視力が徐々に低下していく病気です。

 滲出型は異常な血管(脈絡膜新生血管)が脈絡膜から網膜色素上皮の下或いは網膜と網膜色素上皮の間に侵入して網膜が障害される病気です。

 異常な血管は正常血管と異なり血液の成分を漏出させたり血管が破れたりします。

 血液成分が漏出すると網膜がむくんだり(網膜浮腫)網膜下に液体が溜まります(網膜下液)

 そのため網膜が正しく働かなくなり視力が低下します。血管が破れると出血となり網膜を障害します。

緑内障

  緑内障の自覚症状としては、見えない場所(暗点)が出現する、或いは見える範囲(視野)が狭くなる症状が一般的です。

  しかし日常生活では両眼で見ていますし多くの場合病気の進行は緩やかなので初期は視野障害があっても全く自覚しないことがほとんどです。

  急激に眼圧が著しく上昇した場合(急性緑内障発作)は、眼痛、充血、目のかすみのほか、頭痛や吐き気を自覚することもあります。

 糖尿病性網膜症

 糖尿病性網膜症は糖尿病腎症、神経障害とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、成人の失明原因の上位に位置します。

網膜は眼底にある薄い神経の膜でものを見るために重要な役割をしています。網膜には光や色を感じる神経細胞が敷き詰められ無数の細かい     血管が張り巡らされています。

血糖が高い状態が長く続くと網膜の細い血管は少しづつ損傷を受け変形したり詰まったりします。

血管が詰まると網膜の隅々まで酸素が行きわたらなくなり、網膜が酸欠状態に陥り、その結果として新生血管をつくり酸素不足を補おうとします。

新生血管はもろいため容易に出血を起こします。

又出血を起こすと網膜にかさぶたのような膜(増殖組織)が張ってきてこれが原因で網膜剥離を起こすことがあります。

糖尿病性網膜症は糖尿病になってから数年から10年以上経過して発症すると言われていますがかなり進行するまで自覚症状がない場合がありまだ見えるから大丈夫という自己判断は危険です。

糖尿病の人は定期的に眼科を受信し眼底検査を受けるようにしましょう。

又、目の3つの病気も「血管、血液」に関係しています。

毛細血管はじめ体の血管を守り血液を綺麗に流していくため、よい漢方薬をご紹介いたします。

少しでも気になる方はお電話下さいませ。

                漢方双葉丹心堂    06(6993)3796